×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ラ・ペッシュにて、夏のワニデザートを堪能







こりゃ〜、
夏にもう一度来なきゃいけませんなー!




静岡県浜松市にある、レストラン「ラ・ペッシュ」にて、

ワニ料理を堪能したのが7ヶ月前のこと。

(上記コメントは08年11月のこのレポートを参照)





09年7月

梅雨真っ盛りながら、季節は夏


そろそろ、夏季限定のデザートが出されているはず・・・



というわけで、ラ・ペッシュを再訪した。

休日ETC割引バンザイ!


(外観を撮影し忘れたので画像は使い回しです)


大人2名、乳児1名と予約で伝えていたところ、

座敷を確保しておいてくれた。



こういう配慮は実にありがたい。





まずは普通のメニューを堪能



前回の訪問では、いきなりワニメニューから始めて、

最後までワニメニューで通したわけだが、

今回はラ・ペッシュの通常メニューも食べてみることにした。



まずはスープが出てきて・・・





メインがこんな感じ。




ワンプレートのランチを注文したんだけど、

コロッケ(手前にあるやつ)が実に美味かった。




一応さ、ワニ以外のメニューも

ちゃんとしたのがあるんだぞってのを紹介しとかないと、と思ってね(笑)







続いて、ワニメニューへ・・・


ワンプレートで腹ごしらえをしたところで、

ワニメニューを食べることに。



まず来たのは、ワニのスパイス焼き(イタリアン風)





あぁ・・・・美味そう・・・・


早くも口の中に唾が溜まってきた。






ではでは、

いっただきまーっす!!!



あぁ・・・・美味い・・・・





固すぎず、柔らかすぎない、しなやかな肉質

そして、くど過ぎない脂気



半端な牛肉なんかより、間違いなく美味い





続いて、前回訪問時にも食べた、

ワニの寿司が登場




こちらは2貫とも嫁に進呈しておいた。
(嫁は前回の訪問時に居なかったので初体験)



「悔しいけど、これは本当に美味いわ・・・」


なぜか敗北宣言を出していた(笑)









しばしシェフと雑談


ここまで食べたところで、


シェフが話しかけてきた






シェフ「あの・・・前にもいらしてますよね?
奇食の館の・・・」






「そうですそうです!!覚えてくれていましたかー!!」




シェフ「やっぱりそうでしたか!
最初から、見たことあるなって思っていたんですけど、

そのデジカメが決め手になりました(笑)」




(俺の愛用デジカメに関してはblogの過去エントリを参照のこと)

意外なもので素性が判ることもあるもんだ。





以降、最近のワニメニューの試作品の話になる。


シェフ「前に来てもらって以降、色々作ったんですよ〜!」






「へぇ〜」







シェフ「例えば・・・ワニ茶とか」




「え???お茶ですか???」




シェフ曰く、

食肉として食べ終えた”ワニのあら”を、

どうにか利用できないかと考えた挙句、

まずはコーヒーにしようと焙煎(ロースト)してみるも、

コーヒーにしては色の濃さが足りず失敗

お茶ならいけるかな・・・というわけでお茶になったらしい。


そもそもコーヒーにしようという発想自体が尋常ではないわけだが、

そこで失敗してもめげないのもまた凄い。

この人、マジで天才なんじゃなかろうか。




シェフ「玄米茶みたいな感じになったんですよ(笑)」




「でもそれって、お茶っていうか、
ダシ
ですよね?(笑)」





ワニ1匹から15杯分のダシお茶しか作れず、

採算が合わないため、商品化は難しいらしい。

残念だけれど、仕方ない。商売だしね。




さらにシェフの話は続く、


シェフ「他にもね、ワニのあんこも作ったんですよ」


「んんん???あんこ???」







シェフ「えぇ。それをどら焼きに入れましてね。」



「ワ、、、ワニあんの、どら焼き?!」


※1
(※画像は、ワニの入っていない一般的などら焼きです)


シェフ曰く、

ワニあんは、小豆や芋などを使わない、

砂糖で甘くしたワニのあんこ・・・なんだそうな。





「それって、ワニのミンチってことじゃないんですか?」

シェフ「ははははは(笑)」


否定なのか、肯定なのか、

はぐらかされてしまった。

もっと突っ込んで聞けば良かったかも。

コラーゲンの部分をあんこっぽくしたってことかなぁ?


それにしても、このワニのどら焼きも、
凄すぎてコメントに困る。


ワニのどら焼きって聞いたら、

どら焼きの皮かあんに、

ワニ肉のぷるぷるした部分を練り込むとか、

そちらを考えるのが普通なのに・・・
(いや、そもそもワニのどら焼きっていう組み合わせ自体が普通じゃないわけだがw)

あんこ自体がワニなんだぜ?

間違いなく、世界で唯一の試み

偉業がこのレストランで行われているわけだ。





最後に、念願の夏のワニデザート


ひとしきり、面白い話を聞かせてもらったところで、

念願の、ワニデザートの夏バージョンを食べることに。




左がワニのヨーグルトパフェ
右がワニび餅である。


ワニ茶、ワニどら焼きの話を聞いた後だと、

何となくインパクトに欠くような気がしてしまうが(笑)、

冷静に見直すと、

ワニの入ったパフェ、ワニのわらび餅

どちらも超珍品、とびっきりの奇食だ。




パフェに目を近づけると・・・



ワニ肉登場


この、軽く黒ずんでいるところが、

爬虫類だって思い出しちゃう理由なんだよなぁ・・・

だったらいっそのこと、
チョコパフェにしたらいいのに。
(あ、俺いいこと言ったかも?w)




濃厚なアイスクリームとヨーグルトの中に、

ナタデココのような顔をしたワニがゴロゴロ


ナタデココよりはしなやか、寒天よりはもっちり

独特の歯触りが、パフェの中で活き活きとしている。




あぁ・・・美味い・・・

思わず、細い目がもっと細めてしまう。






そして、


極めつけが、これ



ワニび餅である。


パフェの中のワニは黒ずんでいるのが気になったが、

ワニび餅のこの色は、さほど気にならない。

「よもぎかな」くらいに思えてしまう。

※注:わらび餅によもぎは入っていないけどね




では早速、

いっただきまーっす!!!




おぉ!!!

ぷるっぷる!!


口の中に含むと、

舌と上あごで潰れていくくらいの柔らかさ

きな粉と黒蜜と混ぜ合わさって、口の中に広がっていく・・・





満足だ。

今年の夏は、これで元気に過ごせそうだ。






久しぶりに来てみて、正解だった。

ラ・ペッシュの夏のワニデザートは、実に美味かった。




店を出る際に、シェフからこんな言葉をかけられた。

シェフ「またぜひ来てください。
色々考えておきますから!」






涼しい季節になったら、また行こう。

それまでにシェフ、面白くて美味しいものの開発を、

期待してますよ〜!!!





お終い







今回行ったのは、

ラ・ペッシュ

季節が変わったらまた行くつもりです。




なお、ワニ肉が気になる方は、
楽天市場でも売っているようなので、
そちらもぜひお試しを。

(調理にちとコツが必要らしいけどね)


奇食の館に戻る
(他にも色んな食べ物があります)


TOPに戻る

掲示板へ

メールを送る

※1 http://shokuraku-sweets.com/wagashi/dora.htmlより引用